中日森友隊について

 Photo_3

 日本は国土の約7割を森林で占める世界有数の森林国です。 山村の過疎化による林業従事者の減少や高齢化などで、適正な森林管理が十分に行われていません。 日本の森林の現状、未来は明るいとは言えません。 
 昭和59年9月に長野県王滝村を震源とするM6.8の長野県西部地震が起きました。御岳山の南西斜面が大崩壊し、国有林600haが荒廃地となりました。
 中日新聞社は創業100周年の昭和62年に王滝村と隣接の岐阜県加子母村に「国民の森」を造成しました。 
 また、中日新聞社創業110周年を迎えるにあたり、都会の人たちを対象に「国民の森」や地元村有林などで、下草刈りや枝打ち、除伐、間伐の育林作業や森林散策、緑に親しむイベントを通じ、「森、自然」をテーマにした著名人の講演会を聞くなど、森林、自然について学び、遊び、楽しみながら緑を育て、森に親しんでいくことを目的に、平成8年に中日森友隊が結成されました。
 その後、国を初め行政の懸命の努力により現在の「国民の森」として緑の再生ができております。
 平成9年には愛知県設楽町(三河)の段戸湖周辺の国有林(約1ha)を林野庁から貸与していただき「中日森友隊の森」として植樹から除伐・間伐・道づくりを行っています。
 また、平成18年から中日青葉学園の敷地内の雑木林の整備を行っています。
 平成22年度からは、中日森友隊も中日新聞社から独立し、隊員により自主運営しています。「新中日森友隊」は、従来の特徴をできる限り維持し、基本的に、高い技能を求めず、女性やご家族でも気軽に参加でき、楽しんで森と緑に親しめる活動にしていきます。現在では、王滝村に毎年春・秋の2回バスを仕立てて1泊2日の植樹・除伐・間伐にと参加しています。設楽町の「中日森友隊の森」には春・秋の2回バスを仕立てて日帰りで除伐・間伐、道づくり等を行っています。隊員は約50名余で過半数以上が女性です。また、過半数以上が名古屋市の方が多い団体です。

2016年6月20日 (月)

28年度活動報告

 段戸の現地下見&事前整備

   平成28年6月4日〈土)5日(日)     参加者 隊員4名(6/4)、5名(6/5)

6/4()

 「将来木施業方式」による作業区域の設定と選木などの準備作業

 12:00 「中日森友隊の森」集合、昼食

 13:00~「中日森友隊の森」全体を歩いて、歩道の状況を把握し、作業区域を設定する         (各班2区画 10区画設定する)

6/5()

 朝から少し雨・・・。

 10:00~「中日森友隊の森」入口の整理、除伐・枝打ちを少し実施。

 12:00 作業終了、かたづけ。帰途に就く(「百年草」で昼食)

  (報告:吉田隊長)

PhotoPhoto_2
Photo_3
Photo_4    

 王滝村の活動

平成28年6月11日〈土)12日(日)     参加者 隊員・一般含め 合計36名

6/11(土)曇り時々晴れ

  8:00 名古屋栄テレビ塔北駐車場集合・出発(鯱バス1台に乗車)

      (途中休憩:恵那峡SA、道の駅三岳)

 11:15 王滝村松原スポーツ公園到着 受付&昼食、

 12:30~国民の森に移動

 13:00~16:00

       森林管理所のあいさつ作業説明後、ヤマハンノキ、ヒノキ、ミズナラ

       等々の素性の悪いものの伐採作業実施

 16:30~17:15

       おんたけ休暇村へ移動

 17:30 おんたけ休暇村到着、入室・入浴

 18:30~夕食

 20:00~懇親会

6月7日(日)晴れのち曇り時々晴れ

 7:00~朝食

 7:35~松原スポーツ公園へ移動

 8:00~村役場前での朝市

 8:30~ウォーキング受付、出発

 9:20~うぐい川渓谷ウォーキング(途中で昼食)

13:30~松原スポーツ公園に戻り、木曽森林管理署 瀬戸川森林事務所の

      藤井地域統括森林官からの挨拶があって解散。

13:45~帰途(途中休憩:道の駅三岳・賤母、恵那峡SA

17:15 名古屋駅新幹線線側到着・解散

 一週間前は土日とも雨予想で、大変心配していましたが、少しずつ天気がずれ

ていって、土曜日は晴れ、日曜日は曇り、夜に雨となる予想で天気は心配なし!

ただ、せっかく王滝村に行くのだから、御嶽を見たいとの思いはありました。

 結果、土曜日は曇りが多く、時々晴れでした。曇っていたことで、作業中もそ

んなに暑くなく作業日和です。作業は、濁川沿いの国民の森、川からはまだ硫黄の

匂いが漂っています。

作業は、5班に分かれ、森林管理署の人の指導の下、倒木の整理、素性の悪い木の

伐採に汗を流しました。

夜は懇親会で、楽しく参加者との懇親を図りました。

 日曜日は、朝からよく晴れ渡っていました!近くの展望台からは、御嶽がとても

きれいに見られ、とてもラッキーでした。多くの方が、この展望台まで行って御嶽

の姿に満足されたと思います!御嶽は、山頂に雲がかかっているのかな!?と思う

のですが、今でも少し噴煙が見られます。

メイン行事のうぐい川ウォーキングは、とてもきれいな渓流沿いの山道(鉄道軌道

跡)歩きます、片道4km往復で8kmのコースでした。途中、乗馬の皆さんと何回も

会いました、とてもかっこ良く、自然に大変マッチしていました(今回は、道産子

8頭ですが、将来は、木曽馬で行うようです)

(報告:吉田隊長)

12
34
67
89
1011
1_22_2
3_24_2
510_2
6_27_2
8_29_2
11_212
1314
1516

 初夏の段戸国有林「中日森友隊の森」での育林活動について」
                  

  平成28年7月2日〈土) 

        参加者:: 隊員21名、一般17名(3名欠席)、愛知淑徳大学学生8名 合計46名

              愛知森林管理事務所から担当者3名、他、チェーンソー担当2名


 梅雨の合間、晴れのち時々曇りで最高の作業日和!参加者の集まりが早く、

8時より早く出発、現地にも少し早く着いた。現地集合の方(4)も既に到着

していた。

 森林管理事務所の方々と一緒に朝礼と体操を実施。

飯村森林技術指導官から、今年、段戸で開花したスズダケ(ササ)の花を見せて

いただき、120年に一度の開花で秋にはササの種子を食べるネズミが増える、

過去に、増えたネズミは苗木など食い荒らし、そのため多くのネズミを駆除した

というショッキングな説明を聞いた。

 朝礼終了後、現地集合の方々と一緒に「中日森友隊の森」へ移動。

 「中日森友隊の森」入口で、ヘルメット・鋸を参加者に貸与、疲れる前の

希望に満ちた笑顔で集合写真を撮影した。

 森の入口で、今回実施する「将来木施業方式」の説明を飯村森林技術指導官

からレクチャー、また、チェーンソーによる伐採も説明付きで見せていただいた。

 今回、森の入口近くで太く、高く育ったヒノキを森林管理事務所のチェーンソー

担当者が伐採し、森を明るくする作業が予定された。

 参加者は5班に分かれて、まずは全員で頂上まで移動しながら、森全体を見て回

った。1235班は、事前に準備した「将来木施業方式」の施業を実施するエリ

アに移動し、選木、除伐を行った(午前・午後)

 森林整備作業に慣れた、体力のある班員が多い4班には、森林管理事務所のチェ

ーンソー担当者に切ってもらった木の枝払いと玉切りを担当 (午前、午後からは

5班の方にも参加していただく)

 今回の参加者は、半分位の方が初参加。また、年齢も20歳の学生から90

の最高齢者まで70歳差の幅広い方に参加いただいた。中日森友隊は、森林を楽

しく親しむための集まりで、会の趣旨に沿った良い活動となった。

元々、隊員の年齢が高く、参加する淑徳の学生は孫のようなもので、この交流は

隊員にはとても楽しいものであり、生き甲斐にもなっている。学生にとっても

経験豊かな隊員の指導は、優しく実り多いものと思う。今後もこんな関係が維持

できるよう工夫を重ねていきたい。

 今回の活動で、かなり森が明るくなった!今後は日が当たるようになった地面

に草が生え、その草を食べる虫たちが住み、虫たちを食べる鳥や小動物が集まり、

生物多様性の高い森となっていくでしょう。そして、ヒノキも除伐によって、自由

に枝葉を伸ばせる空間が出来て、立派な木となっていくことでしょう。

                                 以上

報告 吉田 雅紀隊長

(記録写真)
P1020303 P1020305
2 P1020309 P1020313P1020319 P1020323
P1020320
1
3 P1020324 P1020325 P1020326 P1020327 P1020328 P1020330P1020331 P1020334 4
5P1020336 P1020337 P1020338 P1020339 P1020341
6 P1020342 P1020343 P1020344 P1020346 P1020347
7_2 8
9 10
11 12
13 15 P1020348 P1020349 P1020350 P1020351 P1020353 P1020354 P1020355 14
P102035616

17 P1020359 P1020360 P1020361 P1020363

«H27活動報告