2011年6月11日 (土)

「ふれあいの森」森林整備活動について

 1997年4月、名古屋営林支局(現・愛知森林管理事務所)に依頼し、設楽町段戸の国有林内に「中日森友隊の森」を造成。
標高950m、ヒノキ皆伐跡地約1ヘクタールの急斜面の足場の悪い地に、ヒノキ苗3,200本、サクラ100本を植えた。
その翌年から、健全な森づくりを目指し、クマザサ刈り、枝打ち、間伐など行い、現在に至る。
 
 2008年3月21日、緑を育て 森に親しむ「中日森友隊」の隊長と中部森林管理局長を代表とする2団体の間で、同所における森林整備等の活動に関する協定があらたに結ばれる。
 2010年4月、中日新聞社が運営・管理していた「中日森友隊」は、隊員による運営・管理をする組織に変更。
事務所は、中日新聞社会事業部に置いていたものを中日森友隊隊長宅に変更して活動している。

302_75162_3

2011年5月25日 (水)

おもな活動場所

①長野県王滝村/
 ・未来世紀の森
 ・国民の森
 ・銀河村キャンプ場周辺
 ・松原スポーツ公園

Otaki
②愛知県設楽町段戸(三河)  /
 ・森友隊の森

Dando
③中日青葉学園(愛知県日進市)
 ・青葉園内の雑木林他

Aobagakuen_2

◆長野県王滝村「国民の森」地域の新旧比較

Ontake1

Ontake2

Ontake3

※長野県西部地震(昭和59年9月14日M6.8)
  (長野県御岳山西南部崩落地)

Omtake4

※長野県御岳山西南部崩落地
 (見事に復旧復興した「国民の森」)

Ontake5

長野県王滝村「未来世紀の森」

Ontakw6